InformationGuard Plus

(IPB-7550C / IPB-7350C / IPB-7050C)

UTM内臓ネットワークストレージ
InformationGuard Plus
スモールオフィスのセキュリティー向上と業務効率UPをこの1台で強力にサポート! 製品保証5年付き。

 

InformationGuard Plus の特長




便 利 機 能


ストレージを有効活用できる便利機能


スキャンした名刺をOCR管理


複合機※1のガラス面にランダムに置いた複数枚の名刺をInformationGuard Plusの指定フォルダー宛にスキャンすると、Web画面で1枚ずつサムネイル表示。OCR処理で住所や会社名、氏名などの情報がテキスト化※2され、キーワード検索で目的の名刺をすぐに探し出せます。また公開/非公開設定により、必要な取引先情報だけをユーザー間で共有することもできます。


※1 ネットワーク接続され、スキャン文書をPDF/JPEG/TIFFの画像形式でSMB転送可能な複合機。

※2 OCRの結果は100%ではなく、画像の状態によって正しく処理できない場合もあります。




受信ファクスカレンダー表示


複合機※1で受信したファクスをInformationGuard Plusの指定フォルダー宛に自動配信することで、Web画面で日付ごとにカレンダー表示できます。保存データはサムネイル表示され、さらにOCR処理※2によりキーワード検索もできるので、文書を後から探すのに便利です。


※1 ネットワーク接続され、受信ファクスをPDF/TIFFの画像形式でSMB転送可能な複合機。

※2 OCRの結果は100%ではなく、画像の状態によって正しく処理できない場合もあります。




使い過ぎ防止ディスククォータ機能

ストレージの第一階層に共有フォルダーを新規作成する時に、データ保存容量の上限を1GB単位で設定できます。アクセス権限と組み合わせることで、一部のユーザーやグループによる使い過ぎを防ぎ、適切なストレージの共用に役立ちます。



Information server 5X(オプション)

対応複合機※1と連携して、フレキシブルな受信ファクスの自動配信やシンプルで分かりやすいWeb操作画面でのファクス&スキャン管理を実現する拡張機能「Information server 5X」に対応。ファクスのヘビーユースにもしっかり応えます。


※ 対応複合機:MFX-C7360/C3690N/C3690/C3680Nシリーズ



ビジネスの効率化をサポートする便利機能

稼働状況をひと目で見える化

InformationGuard Plusの稼働状況をメールで定期的にレポート送信できます。UTM機能で阻止したマルウェアやボット感染PCの数に加え、ストレージのHDD使用率やウイルスチェックの状態など、管理者の知りたい情報をひと目で確認できて安心です。




アクセスポイントでオフィスを快適に無線化

InformationGuard Plusをアクセスポイントとして、ノートPCやタブレットなどの無線クライアント端末をワイヤレスで社内ネットワークに接続させることができます※1。マルチSSID対応で、通常の社内用IDとは別にインターネット接続のみを許可するゲスト用IDを設定したりと、フレキシブルな無線ネットワークの設定が可能です。


※1 同時接続クライアント数:最大32台




外出先から安全にリモートアクセス(VPN)

自宅や外出先のモバイル端末から社内ネットワークにVPNで安全に接続できる「リモートアクセスVPN機能」を標準搭載。社外にいても社内にいるのと同じ感覚で、InformationGuard Plusのストレージやネットワーク内の機器にアクセスできるので、モバイルワークにとても便利です。


※ 本機能の利用にはルーターモードで接続する必要があります。

※ IPB-7050Cは非対応です。




VLANでネットワークを柔軟に構成

InformationGuard Plusの配下に複数のネットワークを仮想的に構築できるVLAN(Virtual LAN)機能に対応。部門ごとにネットワークを独立させて他部門から接続できないようにしたり、各ネットワークごとに外部サイトへのアクセス許可/禁止ポリシーを個別に設定するなど、より柔軟なネットワーク管理が行えます。


※ IPB-7050Cは非対応です。



お問い合わせはこちら
テレワーク特集
インボイス制度
採用情報
IT導入補助金 支援事業者登録済み