テレワーク(在宅勤務)の普及が進んできましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、これからテレワークを始める企業様も多いと思います。

 特に自宅で仕事を行う在宅勤務では、インターネット環境やパソコン環境の整備、セキュリティを高めた環境が必要です。

 リアテックでは、在宅勤務に必要な環境整備のお手伝いをさせて頂いていますので、お気軽にお問合せください。


テレワーク(在宅勤務)に必要なもの



1.インターネット環境

会社(事務所)のシステム・サーバー・NASにアクセスしたり、調べものをする際にインターネット回線が必要になります。在宅勤務者の自宅に常時接続の光回線がない場合、SIMを搭載したワイヤレスルータでLTE接続する方法もあります

光回線、ポケットWiFiとも会社(事務所)のネットワークにアクセスすることは可能ですが、インターネットの世界は危険が多く潜んでいます。悪意のある第三者に通信の内容を見られてしまう可能性がありますので、リモートアクセスVPNを使って安全に通信を行ってください。

リアテックではVPN環境を構築する機器として、ムラテック製品、ヤマハ製品、NECプラットフォームズ製品をご用意しています。

環境やご要望に合わせたご提案をさせて頂きます。お気軽にご相談ください。






2.パソコン環境

在宅勤務ではパソコンが必要です。できれば、個人所有のパソコンを利用するのではなく、専用のノートパソコンを会社が用意し、貸出しする方が良いでしょう。

個人のパソコンはプライベートでも利用し、不特定多数のWEBサイトにアクセスしますので、ウイルス感染や情報漏洩の危険があります。

会社のデータが個人パソコンに残ることも避けたいので、セキュリティ対策を行った在宅勤務用のパソコンを用意してください。

リアテックでは富士通製の法人用パソコンをご用意しています。

1.デスクトップ型の「ESPRIMO」シリーズ
2.ノート型の「LIFEBOOK」シリーズ
3.タブレット型の「ARROWS Tab」シリーズ

Windowsのエディションはビジネス・セキュリティ関連の機能を強化した「Professional」版です。




3.ファイル共有

在宅勤務者が必要なデータを閲覧・編集するためにはサーバーかNASに必要なデータを保存しておきます。フォルダごとにアクセス権限を設定し、権限のない人からのアクセスを遮断するこもできます。

NASに標準で備わっている「リモートアクセス機能」を使えば、自宅や外出先のパソコンから社内のデータに簡単にアクセスできますが、不特定多数の人が使用しているインターネット回線を使うため、対策が施されていないと通信情報を盗聴されるなど、セキュリティ面で課題が残ります。

NAS搭載機能の「リモートアクセス機能」を利用する場合は、VPN(Virtual Private Network)を使ってセキュリティを高める必要があります。


リモートアクセスの

危険性について 

詳細はこちら 

リアテックでは富士通製サーバー「PRIMERGY」シリーズ、各メーカー製のNASをご用意しています。万が一の停電に備え、UPS(無停電電源装置)もセットでお使いください。安全なリモートアクセスを実現するVPN環境の構築も行っています。



4.セキュリティ

会社の情報は大切な資産です。情報が漏洩してしまうと、築き上げた会社の信頼は一瞬で無くなり、業績にも大きく影響を及ぼします。

新型コロナウイルスの感染拡大により、在宅勤務を行う会社が増えましたが、セキュリティ対策を行っていない無防備な個人のパソコンを利用されるケースも多くなっています。

悪意のあるパソコンウイルス作成者は無防備な在宅勤務者のパソコンが増えた現在の状況をチャンスだと思い、ウイルスをばらまいています。不正侵入等、ウイルス以外の脅威も増えていますので、UTM統合脅威管理)を使用し総合的なセキュリティが必要です。

ビジネスでの使用においては、パソコンへのセキュリティソフトの導入だけでは不十分です。建物に例えると、玄関に鍵をかけるようなものですが、鍵(セキュリティソフト)を壊されると無防備になってしまいます。

建物のセキュリティに警備会社と契約するように、ビジネスでのパソコン環境にはUTM統合脅威管理)を導入し、多層防御でセキュリティを高めてください。


5.自宅や外出先でFAXを送受信

在宅勤務で会社に誰もいない場合、受信FAXの確認ができないですが、ムラテックのデジタル複合機があれば、受信FAXをデータ化し、E-mail、ネットワーク共有フォルダーに自動配信できます。VPN接続を利用すれば、自宅や外出先から受信FAXの確認が可能です。

PC-FAX機能を使えば、自宅や外出先からFAX送信も可能です。

ムラテックの「デジタル複合機」と「InformationGuard Plus」があれば、在宅勤務、テレワークに必要な最低限の環境は構築できます。現在の環境やご要望に合わせたプランのご提案をいたします。


会社の代表電話の着信を携帯電話で応答できるビジネスフォンです。

6.自宅や外出先で代表電話の応答

在宅勤務で会社に誰もいない場合、会社の代表電話に応答できませんが、NECプラットフォームズのビジネスフォン「UNIVERGE Aspire WX」なら、スマホやPHSを内線として利用することができますので、代表電話の応答が可能です。

内線番号だけで連絡が取りあえるので、社員間のスムーズなコミュニケーションが可能で、保留・転送・ピックアップなどの内線機能をご利用いただけます。

NECプラットフォームズの多機能ビジネスフォン「UNIVERGE Aspire WX」はモバイル端末の内線化も複数の方法をご用意しています。運用に合わせた最適なものを選択いただけます。


7.WEB会議システム

2020年上半期Web会議シェアが発表され、「Zoom」が35%でトップで、2位以下は「Skype」(18%)、「Microsoft Teams」(18%)と続いています。

Microsoftの発表によると、「Skype」に関しては、2021年7月31日にオフィススイート「Office 365」から「Skype for Business Online」を削除することが決まっています。

「Zoom」、「Microsoft Teams」は有料版と無料版がありますが、無料版でも一通りの機能が備わっています。「Google Meet」も無料でお使い頂けます。

お知らせ

2021・4・27

◆ゴールデンウィーク休業のお知らせ

(休業期間)5月1日(土)~5月5日(水)

休業期間中にお問い合わせいただきました件に関しては、5月6日より順次ご対応させていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。


2021・4・19

◆「IT導入補助金」を追加しました。


2021・3・2

◆「インボイス制度」を追加しました。


2020・12・16

◆「テレワーク特集」を追加しました。


2020・10・23

◆ホームページをリニューアルいたしました。


2013・11・3   

◆ホームページをリニューアルいたしました。


2013・10・10

◆採用情報をアップデートいたしました。